つくる

SDGsの目標にもつながるイイホシユミコさんの「ウロコ ソープディッシュ」

今回は、新生活やおうち時間を楽しくしてくれて、SDGsの目標にもつながる「ウロコ ソープディッシュ」をご紹介します。
 

「ARIGATO GIVING」限定先行発売 イイホシユミコさんの「ウロコ ソープディッシュ」

この“ウロコ”のフォルムがかわいいソープディッシュは、

ココロのつながりを販売するオンラインショップ「ARIGATO GIVING」のオリジナルアイテムとして発売をスタート。

yumiko iihoshi porcelainのイイホシユミコさんと発達障がい・精神障がい・知的障がいのある人の就労訓練をする「エクスクラメーション・スタイル」との共同プロジェクトで誕生しました。

陶器のぬくもりと柔らかいフォルムに癒される“ウロコ”シリーズ。

カラーは、ピンク、グレー、ライトグレーの3色です。

ソープディッシュは、穴あきタイプと穴なしの2種類。
こちらは穴あきタイプ
お気に入りのアクセサリー置きとして使ってみてもいいかも。

「ウロコ レスト」

丸いリングのレストは、ソープディッシュの下に敷いて土台として使ったり、また箸置きとしても使えます。

ソープディッシュの下に置けば、水キレもよくなります。置くときは裏面が上になるように。
リビングで、箸やカトラリーを置くのにもいいかも。

ソープディッシュに込められた思い

こちらのソープディッシュにはストーリーがあります。

このウロコは、一枚一枚がまとまって一匹のサカナに
そのウロコを皆さんが一つ一つ持っていただき使っていただく

というコンセプトと伺いました。

一人一人が社会を作り上げている事を、このソープディッシュを使用し感じていただきたい、という思いが込められています。
実際、この商品を作るにあたり色々な方が参加していただき、ウロコをまとったサカナとして作り上げています。
このソープディッシュを使って、皆さんで一匹のサカナになるストーリーもステキです。

持続可能な開発目標SDGsについて

このプロジェクトは、SDGsについても積極的に活動しています。
発達障がい・精神障がい・知的障がいのある人の就労訓練をする「エクスクラメーション・スタイル」が製造を行うことにより8番と10番の目標を叶えています。

各目標は下記となっています。
8.5 2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。
8.6 2020年までに、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。
10.2 2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する

京都で活動を行っている「エクスクラメーション・スタイル」が製造

「!-style(エクスクラメーション・スタイル)」は、発達障がい・精神障がい・知的障がいのある人の就労訓練を提供している施設で、一般的には、「作業所」と呼ばれるところです。

様々な気づきや、驚きを創り出す場所として、「!-factory~エクスクラメーション・ファクトリー」と名づけられました。

これまで、障がいのある人の仕事としては、企業からの下請けの「内職的な仕事」や、自分たちで商品を作る「自主製品」と呼ばれる商品をバザー等で販売するのが主流でした。

しかしここでは、「働く」という事には障がいの有無は関係が無いと考え、一般的な流通により「商品」を販売をする事こそが、その人の仕事を尊重し、大切にしている事だと考えらています。

障がいのあるクルーがプロとして生産した商品を、販売のプロの手によってお客様にお届けする一般的な流通を目指しています。

ソープディッシュを作る人も、買う人も幸せになって欲しい、そんな商品です。

ARIGATO GIVINGオリジナル 「ウロコ ソープディッシュ」シリーズ:

Uloko / ウロコ ソープディッシュ( 穴なし)1,980円(税込)

Uloko / ウロコ ソープディッシュ( 穴あり) 1,980円(税込)

Uloko / ウロコ レスト 1,320円(税込)

『ARIGATO GIVING』のオンラインショップ

http://www.arigatogiving.com/