つくる

お月見台でおなじみの「三方」の技術を活かしたインテリアブランド【NUSA】が登場!第一弾は抗菌性も期待できるヒノキのお弁当箱

日本にはいにしえより使われてきた「三方(三宝)」という神事で神饌を載せるための台があります。一般的には十五夜を祝うお月見の時にお団子が載せられている台でお馴染みですね。その三方を300年作り続けている株式会社 岩田三宝製作所が、愛知の伝統工芸品 尾張仏具である三方の技術を活かした生活用品のブランド【NUSA】をスタートさせます。

木曽のヒノキ材を使用する「三方」は、曲げ加工や折加工を職人が一つ一つ手作業で行って作られます。その職人技を活かし、ブランドの第一弾として発表する商品は、お弁当箱。料理研究本や弁当研究家として活躍する野上優佳子が監修し、プロダクトデザイナーの島村卓実がデザインを手掛けます。今後はトレイ、ボウルや折り畳みスツール、テーブルなど幅広いアイテムが展開されていく予定です。

“特別なギフト”の意味をもつ【NUSA】

国の伝統工芸の指定も受けている「三方」は、お月見などでは月に収穫や豊作の祈りをする際に使われ、古代には高貴な人物に物を献上する際に使用されてきました。

筒胴(とうどう)と呼ばれる土台の上に折敷(おしき)と呼ばれる皿がのり、筒胴の三方向には眼像(くりかた)と呼ばれる穴があいています。穴の形は災難を避け濁水を清めるといわれる珠(たま)の形をしています。

三方づくりの技術を300年前から守り続けてきた株式会社 岩田三宝製作所は、古くからの伝統を守りながらも現代のシーンにあう製品を模索しています。新ブランドの名である「NUSA」は、神様に捧げる供え物である”特別なギフト”を意味しています。

ヒノキ特有の抗菌性&軽さを活かした<お弁当箱>

BENTO

ヒノキの持つ抗菌性や軽さという特性を生かし、ブランド第一弾として制作したのがお弁当箱。 曲げわっぱと同じく被せ蓋式のケースで、一方に三方と同じような穴が開いています。
穴は空気がとおるので蓋の開閉をしやすくするためですが、本体に付属の防水シールを貼ることで、持ち主がわかったり、弁当の種類をわかるようにする使い方もできます。防水シールは6色展開で気分に合わせて使えます。 

本体と蓋は、国産ヒノキを素材に三方の技術を使いながら加工。ヒノキ特有の抗菌性により、安心して使えます。また、天然のヒノキ独特の爽やかな香りがご飯とも相性がよく、きっと食欲がそそられるはず。間仕切り付きタイプはおかず入れなどに役立ちます。お弁当箱のほかにも、乾燥菓子やお茶など食品の保存容器としても楽しめます。

<お問い合わせ先>

株式会社 岩田三宝製作所ホームページ

http://iwata-ss.co.jp/