つくる

気持ちを表す、彩りが美しい朱肉 「わたしのいろ」テスト販売開始

わたしの色とあなたの色。昨日の色と今日の色。嬉しい色と悲しい色。

全部違うから、このしるしが今の「わたしのいろ」。

 

シヤチハタ株式会社は、朱肉をつける場所によって彩りの異なる印影が残せる朱肉「わたしのいろ」を公式オンラインストア「シヤチハタ アンテナショップ」にて、2020年7月1日(水)13時よりテスト販売した。

「わたしのいろ」は、複数の色を織り交ぜた色鮮やかな朱肉だ。印鑑だけではなく、デザイン性のあるさまざまなスタンプを使うことで、スタンプのデザインと色を組み合わせ、その時の気分に合わせたしるしを残すことができる。
カラーは日本らしさをテーマに設定した、にしきごい、うみ、みかん、もり、つばきの5種類。従来の朱肉以上のアイデンティファイ機能と、個性や感情表現という感性的機能を併せ持った朱肉となっている。
商品は一つ一つ手作りしており、今回は5種類各20個ずつ計100個をテスト販売した。

「わたしのいろ」は、“これからのしるし”をテーマに新しいプロダクトのデザインを募ったコンペ“第12回シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション”においてグランプリを受賞した歌代 悟(うたしろ さとる)氏の作品を商品化したもの。

 

商品ラインナップ

にしきごい〈 NISHIKIGOI 〉−  伝統の赤と墨「にしきごい」色

 

 

うみ〈 OCEAN 〉−  清らかで穏やかな「うみ」の色

 

 

みかん〈 CITRUS 〉−  甘酸っぱい「みかん」色

 

もり〈 FOREST 〉−  木漏れ日差し込む「もり」の色

 

つばき〈 CAMELLIA 〉−  気取らない優美さ「つばき」色

 

・盤面サイズ:φ53.5㎜
・捺印回数:約2,000回 ※インキ補充はできません

 

商品特長

捺(お)す時の気持ちを表す美しい印影
朱肉をつける場所によって捺した時の印影が全て異なる彩りで残せる。
捺す人、す時々の気持ちによって、しるしの色が変わる、まさに自分だけのしるしを表現することができるこだわりの朱肉となっている。

日本的なテーマでカラーバリエーションを設定
伝統の赤と墨「にしきごい」色、清らかで穏やかな「うみ」の色、甘酸っぱい「みかん」色、木漏れ日差し込む「もり」の色、気取らない優美さ「つばき」色の5つの彩りを用意。
一つ一つ手作りのため、配色にはばらつきあり。

正しい使い方
あらかじめ印鑑に付いているインキをきれいに拭き取り、印鑑を盤面に一度だけ、しっかりと押し付けてインキを付着させ捺印する。
※インキが付いた状態で、盤面の違う場所に印鑑を押し付けると、盤面が汚れる原因となる。

使用イメージ

 

シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションとは

シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションは、商品化を前提に今までにないプロダクトデザインを求めるコンペティションだ。2020年の第13回では、「これからのしるし」をテーマに作品を募集。2020年10月16日に行われる表彰式で受賞作品を発表する。
公式サイトURL:https://sndc.design

 

「わたしのいろ」 ※( )は品番
にしきごい(MGW-50-R)、うみ(MGW-50-B)、みかん(MGW-50-OR)、もり(MGW-50-G)、つばき(MGW-50-P)

価格:¥2,000+消費税
テスト販売サイト:公式オンラインストア「シヤチハタ アンテナショップ わたしのいろ」https://www.shachihata.jp/antennashop/special/watashinoiro/
テスト販売開始日:2020年7月1日 13時より
販売数:各20個

シヤチハタ株式会社
https://www.shachihata.co.jp/