つたえる

2019年度グッドデザイン大賞が発表

グッドデザインアワード2019
公益財団法人日本デザイン振興会(会長:川上元美、所在地:東京都港区)より2019年度グッドデザイン賞の「大賞」、「金賞」、「グッドフォーカス賞」の受賞結果が10月31日(木)に発表された。

本年度は4,772件の応募を対象に過去最多の全1,420件がグッドデザイン賞を受賞。この中から独自性、提案性、審美性、完成度などの面において、特に優れた対象であり、これからのモデルとなるデザインとして位置づけられた100件が「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれている。

「グッドデザイン大賞」(内閣総理大臣賞)は、大賞候補のファイナリスト5件の中で最多得票を得た「結核迅速診断キット」が受賞した。

診断キット「結核迅速診断キット」
診断キット「結核迅速診断キット」
富士フィルム(東京都)

 

結核は、世界で年間1000万人が罹患し、160万人が死亡する世界三大感染症の一つである。
なかでも、開発途上国の罹患者の割合は全体の87%に達し、その感染力と医療コストの大きさで開発途上国の社会、経済活動に深刻な影響を与えている。 免疫力低下により健常者の20~30倍も結核感染リスクが高いHIV陽性患者では、結核が主な死因となっている。
本製品はHIV感染者など結核罹患の可能性が高い人々の診断を可能にする結核診断用検査キット。写真現像の「銀増幅技術」を応用し、尿中の僅かな成分から結核菌の存在を判定することで、早期治療に繋げることが可能。電源や装置を用いない簡単確実な検査を実現した画期的な製品である。

その他、グッドデザイン金賞19件のうち、ファイナリストに選出されたのは以下のとおり。

音知覚装置 [音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」]
音知覚装置 [音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」]富士通株式会社(神奈川県)
自動運転バス [GACHA]
自動運転バス [GACHA]株式会社良品計画(東京都)
都会の中の実験的な「変わり続ける公園」
都会の中の実験的な「変わり続ける公園」 [Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)]ソニー企業株式会社(東京都)
どれ、いごくべ!!
地域包括ケア [いわきの地域包括ケアigoku(いごく)]福島県いわき市役所地域包括ケア推進課
 

そのほか、ベスト100の中から「グッドデザイン金賞」「グッドフォーカス賞」が選出されている。
受賞結果についはこちら

2019年度の受賞結果について、柴田文江審査委員長と齋藤精一審査副委員長は「いまの時代と社会に存在するデザインとして、どのような時代感覚と課題意識を伴っているか、また、これから先の暮らし・産業や社会のあり方に影響を及ぼす規範性が認められるかを、審査委員は議論しながら導き出している。今回の受賞を契機に人々の共感と支持を招いてくことを期待したい」と締めくくっている。