つくる

松岡智之氏がデザインした彫刻的な佇まいを有する無垢材チェア/日進木工「CHORUS(コーラス)」

岐阜県・飛騨高山の家具メーカー 日進木工株式会社より、デンマーク王立芸術アカデミー留学経験を持つデザイナー、松岡智之氏がデザインした新作チェア「CHORUS(コーラス)」が発売された。

ダイニングチェアを得意とする日進木工は軽くて丈夫であり、どのアングルから見ても美しいデザインが特徴の椅子をこれまで手がけてきた。そのモノづくりの背景には、木材を丸太の状態で仕入れ、飛騨高山で製材を行なうところから始まる。丸太から製材する理由は2つあり、1つは用途に応じて柾目や板目、厚みを挽き分け、端材からも角材を取り、木材の無駄が出ないように工夫をするモノづくりのため。もう1つは、木材の乾燥マネージメントをより深められ、しなやかで剛健な造りを実現するためである。そうした日進木工の技術力を最大限に活かした無垢材で構成されたダイニングセットが「コーラス」である。

「コーラス」は彫刻的な佇まいを有するデザインが大きな魅力である。
身体感覚から導き出したという、その有機的なフォルムはエモーショナルな雰囲気を漂わせ、様々なエレメントで構成される空間が奏でるハーモニーと重なり合う。優美な曲線を描く凛としたフォルム、優しい木の温もり、内包されたつくり手の気配。まるで彫刻作品のような存在感は空間と呼応し、なめらかに溶け込んでいくのだ。


 

その背景には、機械加工と職人の手加工、伝統的な工法のベストミックスで行う日進木工の家具づくりがある。特に「コーラス」は同社の家具の中でも、職人の手仕事による工程が多いシリーズ。たとえば、椅子のアームから後脚にかけてのラインひとつをとっても、惜しみなく手間暇を注いでいる。機械で荒加工をした後、サンドペーパーなどを使い、職人がすべて手作業で仕上げていく。他にも、随所に用いられた高度な曲げ木技術、中央に膨らみを持つ4本の脚、3次元曲面の背板、丁寧な磨きなど、こだわった点は枚挙にいとまがない。
まさに、職人が培ってきた手の感覚を頼りに、生み出されているのである。

「コーラス」のチェアからは、様々なデザインの系譜が読みとれる。流線型を描くアームは北欧デザインの情緒を漂わせ、笠木と背板によって構成されたT字のフォルムは中国・明代の椅子「圏椅(クァン・イ)」からインスピレーションを受けたもの。無駄を削ぎ落とした直線的な脚はシェーカーチェアを彷彿させる。様式を組み合わせ、造形を再構築することにより、多様な空間との相性の良さを叶えている。この複雑なプロポーションを具現化できるのも、飛騨匠の系譜を継ぐ建具技術、指物技術を有する優れた職人が在籍し、名古屋城本丸御殿や瑞龍寺(国宝)、諏訪大社をはじめ、日本各地の国宝や重要文化財の修復や復元などの文化財修復事業も担う「現代の匠」と呼ぶにふさわしい日進木工の職人の技があってこそ。

木の本来の質感を生かし、長く使い続けられる無垢材にこだわったチェア。
暮らしに溶け込み、所有する喜び、一緒に暮らす喜びを与えてくれるだろう。

CHORUS(コーラス)の詳細はこちら
https://www.nissin-mokkou.co.jp/chorus/

日進木工株式会社
https://www.nissin-mokkou.co.jp/