つなげる

ひとつぼの新しい空間体験/日々是自由な小空間展

 

monova gallery(リビングデザインセンターOZONE 4F)では3月26日(火)まで、木製建具メーカー株式会社サカモトから発売されている「ひとつぼ茶室」を展示する『日々是自由な小空間展』を開催している。

サカモトは埼玉県飯能市で1961年に創業した木製建具メーカー。地域資源の西川材(スギ・ヒノキ)を使用したドアや壁紙などのオリジナル木製品や、デザイン性の高い木製建具や木製サッシなどのオーダー品を製造している。

同社が建具の新しいかたちを探求する試みから始まったのが「ひとつぼキャビンシリーズ」。
2013年に初期作となる「ひとつぼキャビン」(デザイン・三輪アトリエ一級建築士事務所)を発表。三角屋根が特徴の一坪(約3㎡)という小サイズで木の温もりを感じる空間提供製品だ。2015年にはJIDアワード2015 部門賞を受賞。その後、「西川材を使用したひとつぼキャビン事業(地域産業資源活用事業2016)」として、経済産業省、農林水産省認定を受けている。

 

 

2017年には「ひとつぼ屋台」と「ひとつぼ茶室」(デザイン・三輪アトリエ一級建築士事務所、監修・京都大学大学院准教授田路貴浩)として発売。「ひとつぼ茶室」はクールジャパンアワード2017を受賞し、昨年は「ひとつぼキャビンシリーズ」としてウッドデザイン賞2018を受賞した。

『日々是自由な小空間展』ではこの受賞を記念し、「ひとつぼ茶室」が展示される。
また、展示期間中は「ひとつぼキャビンシリーズの魅力的な使い道」を募集し、選出された方へモニター提供される。
木と人をつなぐ木工所として50年以上の経験と技術を積み重ねたサカモトによる建具の新しいカタチを体験することができる貴重な機会だ。

日々是自由な小空間展
会 期:2019年2月28日(木)~3月26日(火) ※水曜定休
時間:10:30-19:00 (最終日は17:00まで)
入場料:無料
会場:monova gallery(東京都新宿区西新宿3-7-1 リビングデザインセンターOZONE 4F)
主催:monova・株式会社サカモト

<会期中イベント ひとつぼ茶室でいただく春の狭山茶(お菓子付)>
日時:2019年3月21日(祝)(1)11:30~ (2)13:00~ (3)14:30~
(先着申込制・定員各回4名/参加費500円)

日本茶アンバサダーであるフードスタイリスト佐々木綾子さんを講師に迎え、
「ひとつぼ茶室」で、実際に狭山茶(煎茶)を味わう。お菓子付きのお茶の美味しい
淹れ方をたのしく学べるイベント。

<講師>nonnina Aya 佐々木綾子
プロフィール:フードスタイリスト。「食」をキーワードに、彩り豊かなライフ
スタイルを提案している。簡単で華やかな盛り付けのおもてなし料理が得意。
仏・伊ベースにサスティナブルを意識した料理教室や撮影スタイリング、レシピ
提供などを行っている。著書「最上のおもてなし3」(草土出版・2019年4月発売
予定)

<狭山茶>「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と言われるように、
昔から「味」にこだわった茶づくりで有名な狭山茶。
大規模産地としては日本の北限に位置する。寒い冬を乗り越えた肉厚な茶葉の深
い味わいと古くから伝わる伝統技法「狭山火入れ」により、ふわっと香る香ばし
さが特徴。甘くて濃厚なコクのある味わいがある。