つくる

キュートな国産砂時計「すなだときお」

新潟で「日常を楽しもう」のもと、さまざまなモノやコトをクリエイトする集団「hickory 03 travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)」から貴重な国産砂時計小さな硝子のおじさん「すなだときお」が発売される。製造元は砂時計工場の富士産業(新潟)。

砂で時を伝える砂時計は、新潟市西区(旧黒崎町)の特産品。昭和30年~40年代、黒崎町にはクリスマスツリーの飾りとなる豆電球をはじめとするガラス製品を作る工場が多く存在した。そして、技術を活かした製品の1つとして“砂時計”が手作りで製作されていた。
ところが現在、新潟では南区の富士産業1軒のみ。全国的にみても、日本製の国産砂時計工場は東京で2軒(職人3名)だけで、日本に3軒しかないのが現状。

そのような背景のなか、ヒッコリースリートラベラーズは貴重な国産の砂時計づくりが次世代に続くように応援する取り組みとして小さな硝子のおじさん「すなだときお」の発売を行う。
アタマからカラダに色が移動することで、静かに3分の経過を知らせてくれる小さな硝子のおじさん。
デジタルに囲まれた忙しい日常の暮らしのなか、おじさんの顔が描かれたキュートな砂時計でほっこりするのも大切なひとときかもしれない。