つくる

「つくる」と「たべる」がひとつになった鉄フライパン『ジュウ』

 

プロダクトデザインを中心に活動する株式会社TENT(東京)と藤田金属株式会社(大阪)のコラボレーションによる「つくる」と「たべる」をひとつにしたお皿のような佇まいの鉄フライパン『ジュウ』。

『ジュウ』は「自分で作って自分で食べる」「仲間と作って仲間と食べる」といったDIYな暮らしを楽しむ人に向けた新しい発想の鉄フライパン。
その特徴の1つは360度どこからでもスムーズに着脱できるスライド式ハンドル。片手で軽くスライドすることで着脱でき、収納のしやすさと調理しやすさを両立。山形県天童市の無垢な木材とスライド機構の軽快な動きが使うことの気持ちよさをさらに増幅させていく。

 

 

また、調理のしやすさだけではなく独自のリム形状により、そのまま食卓に出しても違和感のないお皿としての佇まいも実現されている。そのため、食器の移し替えが不要となり、より温かい料理を楽しむことができる。

 

 

この鉄フライパンを具現化するために、TENTと藤田金属の間で試行錯誤が重ねられた。
1951年創業、大阪八尾市にある藤田金属は家族で営む町工場。分業体制の工場が大半のなか、金型から製造、販売までも自社で行っている。世にない新しいものを作るために何度も素早く実験を繰り返す環境だからこそ生み出されたプロダクトであろう。

 

 

ラーメンの鍋食いのような「つくって、手間なく、すぐ食べる」というスタイルを、格好良く、スマートにフライパンで実現した『ジュウ』。食事の楽しみ方の1ページに新たなカタチが加わった。