つくる

硬くて、やわらかい
体温のある家具たちが生まれる場所/天童木工

「あれ、この椅子どこかで見たことある」「この座卓、こないだ泊まった旅館にあったかも」……そんな見覚えのある家具たちが並んでいる場所が、東京の浜松町にある。天童木工の東京ショールーム&ストアだ。組み合わされた曲線を特徴とし、高いデザイン性を持っていることがわかる。そして一歩近付いて観察すると、想像以上に手の込んだディテールが見て取れる。株式会社天童木工 広報の加藤直樹氏から、ものづくりに懸ける強い想いとやわらかな発想について話を聞いた。

株式会社天童木工 広報 加藤直樹氏

 

 

職人集団から生まれた天童木工

天童木工は、その名前の通り山形県天童市が誕生地だ。1940(昭和15)年、軍需的な要請で天童市近郊の大工・建具・指物などの職人が集まり、天童木工家具建具組合が組織された。弾薬箱や機械の箱、誤認を誘うためのおとり用飛行機まで製作していたという。1942(昭和17)年、組合は有限会社化。そして戦後は戦災地に向けたちゃぶ台や流し台などの製造を始め、同時に進駐軍のための洋家具も作り始めた。

「洋家具の製造が、椅子やテーブルなどを手がけるきっかけとなったんです」と、広報の加藤直樹氏。「製品のレベルが認められ当時の調達庁から高い評価をもらいました。真面目にコツコツという山形人の性格もあったんでしょうね」それに加え、当時天童木工を率いるリーダーの存在も重要だった。その一人が、組合設立メンバーでもある加藤徳吉だ。有限会社創業に関わり、戦後家具作りへの舵を切った。当時、徳吉が出逢った技術がその後の天童木工の道を決定づけた。

 

未来を決定づけた成形合板技術

1947(昭和22)年、加藤徳吉はとある見本市で「成形合板技術」の機械を知った。これは北欧や北米の技術である高周波発信装置を利用して、重ね合わせた薄い単板を型にはさんで曲げる成形技術だ。それに目を付けた徳吉は、非常に高額であったにもかかわらずその機械の購入を打診。当時の社長・大山不二太郎は、国鉄の初乗り運賃が50銭の時代、25万円もする高価な機械の購入を決めた。「工場長のおもちゃとして買ってやった」という大山の言葉が残っている。冒険とも取れるその投資が、今に続く天童木工の礎を創った。「先を見る目があったのでしょうね」と加藤氏。まだ他では実用化されていなかった「木材を重ねて曲げる」技術をいち早く導入することで、デザインを前面に打ち出した家具作りにつながった。

「戦前から関係の深かったデザイナー剣持勇さん、成形合板技術を研究していた乾三郎さんの存在も大きかったですね。デザイナーの思い描く形をこの技術によって実現できるわけですから」2人とも戦前戦後を通じ、工芸指導所でそれぞれの専門分野に没頭していた。「工芸指導所」とは、日本初の国立デザイン指導機関である。

 

デザインへのこだわりが源流に

ここに掲載しているチェア、目にしたことのある方も多いだろう。柳宗理氏デザインの「バタフライスツール」だ。柳氏は戦後、アメリカの家具デザイナーであるイームズ氏を訪ね成形合板を知った。そして何かつくることはできないかと模索していた。バタフライスツールの原案が形を成したとき、当時工芸指導所の所員だった乾三郎のもとにスツールの模型を持ち込んで相談。乾は天童木工を紹介し、約3年の歳月を経て1956(昭和31)年に完成した。

「百貨店の松屋銀座で第一回柳工業デザイン研究会の個展が開催されました。松屋は当時から日本デザインコミッティに関わっていて、新しいデザインを広めることにとても積極的だったんです」しなやかなカーブを作ることができる成形合板技術は、家具デザインの可能性を飛躍的に高めた。1950年代から60年代にかけて、デザイナーと天童木工が組んだ家具が、次々とリリースされた。マッシュルームスツール、ムライスツール、スポークチェアなどだ。デザインと実用を、同社ならではの技術が融合させたのだ。

バタフライスツール(デザイン:柳宗理)

 

 

デザイナーズ・メーカーとしての誇り

「一般ユーザー向け以外に、『コントラクト』と呼ばれる官公庁やホテル、企業向けの家具も多く作ってきました。1953(昭和28)年に建築家・丹下健三さんが設計した愛媛県民会館の客席椅子を成形合板で製造しました。その後、東京オリンピック会場となった代々木屋内総合競技場など、丹下さんと剣持さんによる大プロジェクトに納入しています。天童木工の成形合板を世に広めてくれたのは、この二人と言ってもいいかもしれません」

 

他に特筆すべき作品として、建築家である磯崎新氏がデザインした「モンローチェア」が挙げられる。マリリン・モンローを彷彿とさせる曲線で構成されるハイバックチェアだ。この曲線は部分によって厚みを変える「不等厚成形合板技術」が採用されている。
建築家では黒川紀章氏も名を連ねる。

デザイナーに目を転ずれば、ここでは紹介しきれないほどの人数が天童木工と組んだ作品を生み出している。デザイナーが自らのデザインを世に送り出す際、思い通りの製品にしてくれるメーカーを選ぶのは当然のこと。デザイナーがラブコールを送るメーカーの筆頭に天童木工が位置したのは、彼らの欲求を満たす技術を持っているからだろう。

モンローチェア(デザイン:磯崎新)

 

ロングライフデザインを支える技術

1950年代以降、天童木工が世に送り出した名作家具は枚挙にいとまがない。誰もがどこかで一度は使ったり目にしたりしたことがあるだろう。「息長くお使いいただいているモデルが多いのは、本当にありがたいことです」と加藤氏。「競合他社に先がけて開発してきたものが、いくつかあるからでしょう」とその理由を挙げてもらった。

まず、治具のノウハウ。治具とは成形合板を作る際、重ねた単板をはさむための型である。それにはデザインされた通りの曲線を持つ必要がある。いち早く成形合板の機械を導入し、研究を重ねてきたことによるアドバンテージだ。もうひとつは、不等厚成形という高度な技術を実用化していること。重ねる板の枚数を変え、製品の部分によって厚みを調整する。これによって、複雑で繊細な曲線を生み出すことができる。モンローチェアの官能的な曲線も、この技術がなければ実現できなかった。

こういったアドバンテージは、大量生産も可能にした。コントラクトの場合、例えばいちどきに数千もの椅子を納品しなければならない。豊富なノウハウと高度な技術をもって、そのニーズに応えることができるのだ。

 

日本の森を救う杉材の成形技術

STICK テーブル&アームチェア(デザイン:川上元美)

天童木工のショールームで、他とは趣の違う木目を持った製品を見つけた。木目の色が濃く、ややワイルド感の漂う木材の仕上がりになっている。
「これは、杉材を使っているんです」と加藤氏。もともと杉をはじめとする軟質な針葉樹は、家具の素材には不向きだ。圧縮技術という、高圧・高温でプレスする方法で家具の材料を作ることができるのだが、節目が潰れたり表面が焦げてしまったりという問題があった。天童木工はこの方式を改善し、ローラーで圧密(プレス)する圧密加工技術を開発。広葉樹と同等の強度まで高め、美しい曲線のある家具づくりが可能になった。

 

「日本の森林は、およそ4割が杉や檜の人工林です。しかし戦後植えられたこれらの針葉樹は輸入材に押されて商品化されず、森は手つかずで放置されているんです。山を守るため、荒れた森の木材を有効活用する方法を探しました」
間伐もされず光の入らない森の木は生育が悪く、土も痩せて土砂災害を起こしやすくなる。大雨による地滑りのニュース映像を思い浮かべてほしい。木にこだわり、木によって成長してきた天童木工が、日本の森林を健全化する役に名乗りを上げたのは必然と言っていいだろう。

 

かつてのクリエイティビティに立ち返るとき

針葉樹の圧密加工技術は、天童木工の今後にも大きな影響を与える。
「クリエイティビティが減っている、と感じているんです」。加藤氏の顔が、かすかに曇った。バブル経済の時代までは公共事業により大型の建物が次々と建ち、それに伴ってコントラクトの製品が大量に発注された。しかしバブル崩壊後の景気低迷が、作り出す家具にも影響を与えているという。

私たちの家具がデザインでリードしていた頃の熱気。それを取り戻したいですね」

かつて気鋭のデザイナーとのコラボレーションにより、名作と讃えられる家具を数多く生み出した。その頃のクリエイティビティ再来を願っている。そこに現れたのが、圧密加工された針葉樹の木材だ。今までとは異なるテイストで、デザイナーにとって新たな発想を生み出す素材となることに期待が集まる。

コントラクトの分野では、針葉樹林を抱える自治体の施設などで、この素材を活用した家具の導入が実現している。いわば地産地消の家具だ。古来日本人が行ってきた木との共生を取り戻すことで「国内の杉材をもっとメジャーにしていきたい」と語る加藤氏。まだまだコストが高いというが、限界を迎えている針葉樹林は非常に多い。ニーズを喚起すれば大幅なコストダウンは可能だ。そのためには、魅力ある家具のリリースが不可欠となる。木、そしてデザインとともに歩んできた天童木工の強固な意志は、やわらかで新しい曲線を創造し続けていく。

 

 

株式会社天童木工

本社・東北支店・ショールーム&ストア:山形県天童市乱川1-3-10

東京支店・ショールーム&ストア:東京都港区浜松町1-19-2

大阪支店・ショールーム&ストア:大阪府大阪市西区南堀江2-13-28

http://www.tendo-mokko.co.jp/