つなげる

伝統工芸と先端テクノロジーとの出合いから見える未来とは?/工芸ハッカソン2018

「工芸ハッカソン 2018」が11月30日(金)~12月2日(日)までの3日間、東京・渋谷にあるゲームチェンジャースタジオ「EDGEof」で開催される。

「工芸ハッカソン」は2017年に「国際北陸工芸サミット」の一環として富山県高岡市で開催された。漆塗りを用いたインスタレーション、伝統工芸にIoTを組み込んだプロダクト、AIと職人の協働による作品など、金属工芸や漆芸の技と心意気を400年以上受け継ぐ高岡市を舞台に、地元の伝統産業の職人や工芸作家とエンジニアや研究者、アーティストなどがチームを組んで7つのプロジェクトが生まれた。
同イベントでは、その後も継続する7つのプロジェクトの最新状況を、展示やトークセッションを通じて紹介、手仕事とテクノロジーの融合による日本発の文化や産業のイノベーションの可能性を探ります。

2017年工芸ハッカソンの様子

 

 

展覧会では、各チームがハッカソン後も継続して製作している作品やプロトタイプ、取り組んできたプロジェクトを展示、発表。

 

『CRAFTECH(クラフテック)』
日本の美意識をベースに、工芸と先端テクノロジーを融合

 

『Re工芸』
「予期せぬ答えを返す隣人」としてのAIとの共創による、誰も見たこともない工芸

 

『トントントヤマ』
製造過程にユーザーが参加する体験型プロダクト&サービス

 

 

トークセッションでは、2017年の「工芸ハッカソン」の審査員である林千晶氏(ロフトワーク代表取締役)、菱川勢一氏(映像作家/写真家/演出家/武蔵野美術大教授)をゲストスピーカーに招き、林口砂里氏(エピファニワークス代表取締役)がモデレーターを務める。今後の工芸と各分野の融合、そこから生まれる新しいムーブメントの可能性について、プロジェクトチームのメンバーを交えたトークイベントを展開する。

 

林千晶氏(ロフトワーク代表取締役)

 

菱川勢一氏(映像作家/写真家/演出家/武蔵野美術大教授)

 

林口砂里氏(エピファニワークス代表取締役)

 

 

また、螺鈿(らでん)アクセサリー・お箸づくりや螺鈿ネイル、すずがみ製作体験など、工芸ワークショップ(有料)も行われる。

 

螺鈿アクセサリーづくり
ネックレスやイヤリング、ピアス、ストラップ、お箸から選び、螺鈿でオリジナルの柄をつけることができる

 

螺鈿ネイル
螺鈿(アワビ貝)の輝きをネイルに、0.1mmまで薄く削った貝を使う高岡の技術でしかできない螺鈿ネイルをプロのネイリストに施してもらえる

 

すずがみ製作体験
紙のように薄くて自由に曲げられる錫(すず)の器を、好きな模様の金槌を使用して作る体験

 

 

工芸ハッカソン 2018

会期:2018年11月30日(金)~12月2日(日)
時間:10:00~21:00(11/30)、10:00~18:00(12/1、12/2)
入場料:無料(登録制:当日受付にて記名)
会場:EDGEof(東京都渋谷区神南1-11-3)
主催:文化庁、有限会社エピファニ―ワークス
協力:富山県、高岡市、富山大学、富山県総合デザインセンター、高岡市デザイン・工芸センター、 KDDI株式会社、株式会社エッジ・オブ

詳細は公式サイトにて。