つくる

日常的にワインを楽しむためのグラス/SCHOTT ZWIESEL 「SENSA(センサ)」


 

ZWIESEL(ツヴィーゼル)は1872年創業の歴史あるドイツのクリスタルグラスメーカー。2004年に日本法人の株式会社ツヴィーゼル・ジャパンを設立。東京・代官山には直営店「ツヴィーゼル・ブティック代官山」をオープンしている。

ツヴィーゼルでは、最高級の素材を使って職人が丹念に作り上げるハンドメイドブランド「ZWIESEL 1872(ツヴィーゼル1872)」、ホテルやレストランを中心に広く使用できる機能性とコストパフォーマンスに優れたブランド「SCHOTT ZWIESEL(ショット・ツヴィーゼル)」、耐熱温度300℃のホウケイ酸ガラスを使用し温・冷どちらにも対応する強さと耐久性に富むキッチン&テーブルウェアブランド「JENAER GLAS(イエナ・グラス)」と3つのブランドで展開している。

 

AIR SENSE(ZWIESEL 1872)

 

VINA SPOTS(SCHOTT ZWIESEL)

 

Hot’n cool(JENAER GLAS)

 

2018年秋にSCHOTT ZWIESELブランドから発売された「SENSA(センサ)」は「ワインの味わいに基づいてグラスを選択する」という考え方をベースにデザインされている。
ボウルの底が広く口元に向かって細くなっているためワインの香りや味わいを引き出し、さまざまなワインに対応することができる構造となっている。
SENSAシリーズは5つの異なる形状のグラスのラインナップにより、赤ワイン用、白ワイン用というグラスの位置づけではなく、ワインが持つさまざまなアロマや味わいによって、一つのグラスが赤ワインにも白ワインにもロゼにも使えるようになっていることが大きな特徴だ。

 

LIGHT & FRESH
ブドウ本来のフレッシュな香りと味わいを楽しむ

 

FRUITY & DELICATE
しっかりとした果実味と柔らかなアルコールを楽しむ

 

VELVATY & SUMPTUOUS
なめらかでしなやかな果実味を楽しむ

 

FLAVOURSOME & SPICY
風味豊かでスパイシーな味わいを楽しむ

 

LIGHT & FRESH:SPARKLING
軽やかではつらつとしたスパークリングを楽しむ

 

11月第3木曜日となる11月15日(木)はボジョレヌーボーの解禁日。ボジョレヌーボーはその年の秋季にフランス・ブルゴーニュ地方ボジョレー地区で収穫されたガメイ種というブドウから造られた赤ワインの新酒。フレッシュなワインをグラスと合わせ楽しんではいかがだろう。