つくる

モリサワよりデザインの可能性を広げる新書体が登場

デザインの可能性を大きく広げる書体ラインナップ

 

 
株式会社モリサワより2018年秋にリリースする新書体が発表された。
今回リリースされるフォントは全64書体のラインナップ。
個性豊かな和文書体、日本語との親和性を重視した欧文書体や多言語書体など、
さまざまなニーズに対応しデザインの可能性を大きく広げるラインナップと
なっています。ここではその一部を紹介します。

 


Vork
モリサワタイプデザインコンペティション2016欧文部門でモリサワ賞金賞・明石賞を同時受賞した、現代的な本文用セリフ書体。
セリフ書体とは文字の先端などに飾りがついている欧文書体です。カリグラフィックな骨格に柔らかさと鋭さが混在するユニークなエレメントを採用したオリジナリティあふれるデザインながら、抑揚をおさえ、丁寧なカウンターの設計を行っているため、少級数や低解像度のディスプレイ環境でも本文書体としての見やすさを失わない点が特徴。

エコー
重心が高く直線的なデザインが清潔な印象を与えるデザイン書体。全角に対して狭めに設計された骨格も特徴の一つ。プロポーショナルメトリクス(文字詰め機能)を有効にすることで、長体幅(全角に対して約86%相当)での字送りが可能になり、緊張感ある表情が表現できます。

オーブ
古代中国で青銅器の表面に刻まれた金文からヒントを得たのびやかで優雅な骨格と、手書きのニュアンスを残すやさしい表情の仮名が特徴の丸ゴシック体風デザイン書体。エコーと共通の字幅や骨格の設計を持ちながらも、丸く愛らしい流線型の表情が品格とレトロ感を演出します。

これらの他にも、豪快でたっぷりとした収筆、鋭く大きなはらいが組み合わされた力強い宋朝体「かもめ龍爪」や2017年にリリースされた「秀英にじみ明朝」に続く、インクのにじみを再現したシリーズ書体「秀英にじみ丸ゴシック」などが今秋以降順次リリースされます。
特徴のある魅力的なフォントがデザインの新たな一面を引き出してくれるであろう。