つなげる

あなたのアイデアが将来の駅のあり方を変えるかもしれない

小田急電鉄鶴川駅アイディアコンテスト 作品募集中

小田急電鉄株式会社では駅と地域を繋いだ空間のあり方をテーマに、将来の駅のあり方を見据えた駅の機能や活用を提案する「小田急電鉄鶴川駅アイディアコンテスト」を開催しています。

小田急線は 今年3月に小田急小田原線代々木上原~登戸間の複々線化が完成し、鶴川から新宿方面の速達性が格段に向上しました。 同コンテストで対象となるのは、小田急小田原線の鶴川駅。周辺に旧白洲邸武相荘や鶴見川、大小さまざまな公園など自然と文化に囲まれ、川崎市、横浜市などの市外も含めた 一帯の拠点として、町田市の文化、交流の核となる「東の玄関口」です。
募集する内容は地域との連携を重視し、駅と地域を繋いだ空間のあり方をテーマに、駅デザインに加えて、将来の駅のあり方を見据えた駅機能・活用の提案。
鶴川の認知度をさらに高め、これまでの経験(歴史)から、新たな駅の姿を創出する、魅力たっぷりの提案を広く募っています。受賞作品は実際の「鶴川駅」の駅舎のアイデアとして採用されます。

 

小田急電鉄 鶴川駅アイディアコンテスト 概要

エントリー締切:2018年8月31日(金)
作品提出締切:2018年9月28日(金)必着
※作品提出はエントリーされている方のみとなります

募集内容
[駅舎デザイン部門]
自由通路を含む、鶴川駅舎のリニューアルデザイン
対象とする提案の範囲
・駅舎(事務所、トイレ、改札口、券売機周辺及び通路部分を含む)
・自由通路 ※プラットホームは含まない
[駅周辺空間アイディア部門]
駅舎自由通路全体のデザインだけではなくあったらいいなと思う機能やアイデア
街から駅へ接続する駅前広場から自由通路をより多くの方に利用され愛される駅にするためのアイデア
[駅活用アイディア部門]
鶴川駅及び、周辺地域(駅前公園、商業施設のオープンスペース)で実施したい、実施してほしいイベント、新しい鶴川駅がこうなったら嬉しいというアイデア

審査委員長:五十嵐 秀(小田急電鉄 常務取締役)
審査委員:齋藤 精一(ライゾマティクス 代表)、武井 誠(TNA、東京大学・京都工芸繊維大学非常勤講師)、鍋島 千恵(TNA、日本大学・法政大学非常勤講師)、山崎 亮(studio-L代表、コミュニティデザイナー、社会福祉士)、大友 健寿(町田ゼルビア 取締役社長)、大川原 久(鶴川地区町内会自治会連合会 会長)、近藤 一秀(鶴川商店会 会長)、鈴木 伸治(町田市景観審議会会長、横浜市立大学教授)、萩野 功一(町田市 都市づくり部 都市整備担当部長)、小田急電鉄 コンテスト実行委員

国の重要文化財に指定されている赤レンガ駅舎の東京駅、新設される新国立競技場をデザインしている隈研吾が木組みのデザインで設計した高尾山口駅、鼓門と無数のアルミの骨組みと一面のガラスで構成された「もてなしドーム」が広がるJR金沢駅など個性的な駅舎もあるが、「こんな駅空間だったらいいな」というあなたのアイデアが将来の駅のあり方を変えるかもしれない。

賞、提出物、提出方法など、詳細は公式ホームページをご覧ください。